ブログ
BLOG

HOME > ブログ > iPhoneのデータをバックアップしておこう!

ブログ

iPhoneのデータをバックアップしておこう!



皆さんはiPhoneのバックアップって取ってますか?
もしもの時や機種変更のときなどに備えてこまめにバックアップを取っておくことをオススメします。

目次

1.バックアップの取り方

落として急につかなくなった!、システムトラブルが発生して初期化しないといけなくなった!など不測の事態や修理、機種変更をしようとしたらデータ移行は自分でする必要があると言われたといった場合にバックアップをとっておくと便利です。
意外と簡単にバックアップを取れるのでやり方を知っておくといいですよ。

1-1.iTunseを使う

①iTunesを使ってiPhoneのバックアップをするには、まずパソコンとiPhoneを接続します。iPhoneとパソコンを接続するときは、iPhoneに付属しているケーブルがおすすめです。
②次にiTunesの画面を開き、左上にある「iPhone」のマークをクリックしましょう。すると概要の項目が出てきます。
③概要の項目から“今すぐバックアップ”をクリックします。すると、iPhoneのバックアップが開始されるのです。パソコンからiPhoneを取り外すときは、きちんとバックアップがされたのを確認してから取り外すようにしましょう。

以上でバックアップ完了です。
結構時間がかかることも多いので時間にゆとりがあるときにするのがいいでしょう。

1-2.iCloudを使う

iPhoneのホーム画面にある設定からバックアップを選び、開いたページから「今すぐバックアップを作成」をタップします。すると、バックアップを簡単にとることができます。

実はこれだけでバックアップができちゃいます。
ただ、iCloudは大容量のデータを保存するには有料のプランへの加入が必要となります。
以降、継続して支払いが必要になるので注意しましょう。

2.バックアップしたデータを復元する

本体の設定からiCloudを選び、開いたページからiCloudバックアップを選んでください。画面上に表示された「iCloudバックアップから復元」の項目をタップすると、バックアップしたデータを復元することができます。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > ブログ > iPhoneのデータをバックアップしておこう!

© 2022 iPhone即日修理 
ハピスマ イオンモール鳥取北店